生活に身近な音楽について知ろう

音楽の著作権の存在理由

CDの売り上げが伸び悩む音楽業界では、著作権の管理、監視が厳しくなりつつあります。
昔と違い、曲はすべてデータ化され、物体ありきの商品ではなくなりつつあります。
便利であると同時にそれらのデータはネット上に簡単にアップすることが可能で、違法のダウンロードサイトなどでは未だに権利を無視した運営が成されていることもしばしばあります。
そもそも著作権とはクリエイターの才能と、その意欲を擁護するという目的もあります。
クリエイターは作品が売れなければ報酬が得られません。
そこで楽曲の確固たる著作権を厳しく主張することで、CDの売り上げのみならず、データ化された曲の使用比率に応じて、資金を調達する目的もあるようです。
音楽は今やソフトを使って誰でも良音質で制作できるようになりました。
毎日溢れるほど産み出される音楽を、権利によって守り、主張し、広めていくことが業界にとって不可欠であることは、言うまでもありません。

音楽と著作権について

ニュースやコマーシャルにおいて著作権の悪用や違反に関することを耳にすることがあります。
音楽に関してはネット社会になってからは、容易にアップロードや複製が可能になることになってからはより顕著になっています。
著作権は日本では創作として生み出された時点で自動的にその権利が生まれています。
そのため利用に関しては著作者やすでに管理された著作物においてJASRACの許諾が必要で使用料や手続きが生じます。
日々いろいろなところで目にする音楽は許可なく使用されているわけではないということです。
また著作物を演奏したり、またレコード会社などは著作隣接権という権利において営業されています。
各レンタル商品、会場やネット上で流す時にはこれらの許諾が必要になります。
またこれらの著作物を発売したり実名で著作者として出すのかにおいても権利があります。
これからも音楽の使用形態が広がりつつある世の中で著作物へのより注意が必要になってきます。

おすすめWEBサイト

レンタル会議室 八重洲口

最終更新日:2017/6/23