生活に身近な音楽について知ろう

ストレスを解消してくれる癒しの音楽

小川のせせらぎや小鳥のさえずり、波の音など自然界の音が心身にリラックスをもたらすという話を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
これら自然界のリズムには1/fゆらぎと呼ばれる周波数が含まれていて、聞いているとリラックス状態になりα波がでると言われています。
α波とは脳波の種類の1つで、精神的に安らかな状態やリラックスしている状態、集中している状態で見られる8Hzから13Hzの周波数です。
α波には心身のリラックス、ストレス解消、脳の活性化、免疫力の向上などの効果があります。
α波を導きやすいのは自然界の音だけではなく音楽にもあります。
例えばクラシック音楽。
特にモーツァルトによって作られた安定感のあるリズムや調和されたハーモニーは癒しの音楽として有名です。
とかくストレスを感じがちな現代社会ですが、癒しの音楽を日常生活の中にBGMとして取り入れることで毎日の生活も明るく過ごすことができるようになるのではないでしょうか。

音楽には癒しの力がある

ストレス社会と言われている現代において音楽は無くてはならない存在です。
人は音楽を聴くことで心が休まり日々の疲れやストレスを忘れさせてくれます。
そんな音楽に癒しの効果がある事は心理学や脳科学の世界でも有名ですのでたくさん聴いてストレス解消へと役立てて下さい。
しかし聴く曲の種類などによっては逆にストレスを増加させてしまったりする事もあるので注意しましょう。
疲れている時はあまり激しい曲よりもクラシックなどのゆったりした柔らかい曲を聴くとリラックス効果が高まります。
反対に元気が欲しい時や何かをやらなければならない時などは現代ポップスやロックなどを聴くとテンポが良いので効率よく作業ができます。
例えば何かの試合前などはロックやヘビーメタルなど激しい曲を聴くとアドレナリンが増えるので、その後の試合でとても良い結果が残りやすくなります。
このようにシーンによって聴く曲を使い分けると音楽の力を今まで以上に活用する事が出来ます。

check

最終更新日:2017/12/7